テバク ~運命の瞬間~|韓流ドラマ感想-vivien's note

更新日:

pc

朝鮮王朝を舞台に王座をめぐる壮絶な戦い!壮大な歴史エンターテインメント大作

『死んだとされる朝鮮王朝19代王・粛宗の第1子が生きながらえていたら』という設定で、賭博師の父に育てられ、辛酸な運命をとだって成長し、『虎』として成長していく姿をリアルに描いているb。

 

ストーリー

賭博狂いのマングムの妻・ボクスンは、策略により第19代王・粛宗の側室となり、男児を出産。赤ん坊は死んだと偽ったボクスンは、我が子をマングムに託す。ケットンと名付けられた男児は朝鮮一の勝負師となるが、父の死後、自らの出生の秘密を知り…。

 

キャスト・スタッフ

チャン・グンソク (ペク・テギル(ヨンス、ケットン) 朝鮮一の詐欺師)
ヨ・ジング    (ヨニン君、英祖(ヨンジョ) テギルの実弟、朝鮮第21代王)
チョン・グァンリョル(イ・インジャ 少論派の長、白面の書生)
チェ・ミンス  (粛宗(スクチョン) 朝鮮第19代王、テギルとヨニン君の父)
イム・ジヨン   (タムソ イ・インジャの側近キム・イスの娘)
ユン・ジンソ  (チェ・ボクスン、淑嬪(スクビン)チェ氏 粛宗の側室、テギルとヨニン君の母)
ユン・ジヘ    (ホンメ 闘牋房の女主人)
イ・ムンシク  (ペク・マングム チェ・ボクスンの元夫、テギルの養父、博徒)
アン・ギルガン (キム・チェゴン テギルの武術の師匠、王の護衛武官)
ソン・ジョンホ  (キム・イス タムソの父、イ・インジャの側近)
チ・イルジュ   (ムミョン イ・インジャの側近)
ハン・ジョンス  (ファン・ジンギ イ・インジャの側近、元武官)
チョン・スジン  (ファング 月香閣の行首 イ・インジャの手下)
ヒョヌ       (景宗(キョンジョン)、イ・ユン 朝鮮第20代王)
ハン・ギウォン  (サモ  粛宗の側近)
ハン・ギウン   (サウン 粛宗の側近)
脚本 クォン・スンギュ
2016年初回 (全24話)
評価 ★★★★☆

 



 

感想

まず題名の『テバク』ってどういう意味?調べたら

「대박(テバク)」は『ばくち』とか『大当たり』を意味しているらしいです。

日本語で言うなら「スゴイ」や「スゲー」のようなニュアンスも含まれているそうです。

よく韓流ドラマで『テーバ!』って言っているのを聞いたことがあるけどその語源かな?

面白かったです。このところ『六龍が飛ぶ』など時代劇を観ているのですがハマりますね。

もちろん作品にもよると思うのですが。

王座をめぐる壮絶な戦いに『賭博』が絡めてあって面白い!

人生は博打ということを言っているのだと思います。

よく、『運も実力』っていうけど、もって生まれた強運をもっているケットン:テギルの

人生はまるでジェットコースターのよう。

弓で刺されたり、切られたり、崖から落ちたり

強運によって何度も九死に一生を得る、スリルの連続。

こんなことが人生に1回でもあれば武勇伝になるくらいなんだけど

それを乗り越えて行くところが見ごたえありました。

『虎になれ』ってタイガーマスクを思い出した私は古い・・・

ベテラン陣がなんたって凄い人たちで、より深みを与えていましたね。

最後に悪役イ・インジャが八つ裂きの刑になるところなんか

しばらく忘れられそうもありません。

怖い刑罰ですけどそのくらいの悪行はしてきたのでちょっとスカッとしている自分が怖い。

親子、兄弟の情と、ロマンス、大きな時代のうねり、を描きつつ

要所でバクチの場面があって、盛りだくさんの内容でした。

博打に命、妻。娘の腕と、信じられないものをかけていたところが共感できないし

時々、ついていけない、展開になって見返したりしたところもありました。

養父のペク・マングムが生きていることを何年も隠し続けている必要があったのか?

イ・インジャに脅されていた割には、行商の元締めになっていたのが不思議だった。

でも面白く仕上がっていたので気にしないことにしました。

 

 

チャン・グンソク

テギルのグンちゃんは、後半に向けてグングン存在感が増していくんだけど

『虎』というには可愛すぎます。父王の粛宗(チェ・ミンス)があまりに

『虎』っぽかったので比べてしまうとね・・・

目があったら息もできないくらいの迫力出てましたから。

グンちゃんは虎っていう感じはしないけど、泥まみれ、ウン〇まみれで熱演していました。

重厚感もあったし、アクション、殺陣も良かった。

こんなにすばらしい俳優だったのねと見直しました。

彼の作品(『ラブレイン』『ベートーベンウィルス』しか

観てないけど、その中では一番好きです。

 

ヨ・ジング

良かった!!!!!!

子役として『太陽を抱く月』『ペク・ドンス』の時を観ました。

今回は大人としてどうどうと演じていました。

『いい顔』になってきちゃった。『大人の男』になったぁ

王になってからの表情に風格や威厳まで出てました、

声も低めに響いていて、思わずこの人何歳だろうって調べたら、

1997年生まれなんですね。芸歴がものを言っているのでしょうか。

もしかしたらグンちゃんを食っちゃっていたかもしれません!!

『オレンジマーマレード』で主役をやっていたけど

これからも大活躍するのではないでしょうか。

最後に兄弟で並んで高台から国を見渡しているところが良かった。

 

チェ・ミンス

大好きな俳優さんです。『傲慢と偏見』『ペク・ドンス』観てますが、

『迫力』『存在感』という言葉はこの人のためにあると思っています。

目を合わせたら息ができないくらいの正に『虎』のような王様でした。

カッコイイイイ

『百の目と千の耳を持つ怪物、粛宗』のカリスマ性出てました。

 

イム・ジヨン

ヨニン君とぺギル、二人に愛され、武芸の達人

インジャに不信感を抱くが結局はかばって命を落とす。

なんで・・・・

とてもきれいでした。『上流階級』に出てましたね。

 

チョン・グァンリョル

いつもながら良い仕事をして下さってますね。

今回はチェ・ミンスと共演で貫禄勝負でした。

役柄でも対立していました。

 

チ・イルジュ  ヒョヌ  ハン・ギウォン ハン・ギウン

チ・イルジュは『恋のゴールドメダル』でナムジョヒョクの親友役のときは

くしゃくしゃな笑顔が印象的でしたが、今回は封印していました。

ヒョヌ 美しい世子でしたね。テバクイケメン部門では№1

双子のハン兄弟、双子でイケメンなんて、贅沢ですね。

王3代にわたって護衛官を務めている役なのですが

このドラマの中では眉毛がないので経年変化がわかりずらい。

二人並ぶと特有の空気感が漂います。

『君の声が聞こえるで』双子の犯人役をやっていました。

 

ドラマではハン兄弟の顔が良く映っていなかったのでインスタシェアしました。

イケメン。長身、色白、細マッチョ素敵!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!
31日間見放題が無料、1200ポイントついてきます。



日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

     『韓流ドラマ・映画』 評価
■ 投稿日時  - - - - - - - - - - -
■ 内  容  - - - - - - - - - - -
大スターチャングンソクの新たな顔が観れたし、ストーリーも面白かった。ジ・ヨングも子役から大人の俳優に成長し、素晴らしい演技力を見せてくれた。
■ 評  価  - - - - - - - - - - -
41star1star1star1stargray
シェアする?

336

Recommended

1

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT ...

2

もくじ1 奇皇后~二つの愛涙の誓い~2 奇皇 ...

3

もくじ1 まずは環境2 配信サイトを比較して ...

4

もくじ1 自宅で充実した動画ライフをおくりた ...

5

もくじ1 Air Receiverをつかうた ...

-韓流ドラマ・韓国映画感想と紹介全リスト, あ~わ-韓流ドラマ・映画全て, た行-韓国ドラマ・映画, 年代順-韓流ドラマ・映画, 2016年韓流ドラマ・映画
-, , ,

Copyright© 韓流ドラマ感想・評価・ランキング・おススメ:韓国ドラマにぞっこんvivien's note , 2019 All Rights Reserved.